【イベント】水上温泉を創生したニュージーランド人 ~よそ者・バカ者・若者が地域を変える~

【概要】
◇日時:2017年2月18日16:00~18:00
◇場所:東京都世田谷区駒沢1丁目17-18 駒澤大学大学会館246
   ※駒沢大学メインキャンパスではありませんのでご注意ください
◇プログラム
 第1部 マイク・ハリス氏による基調講演
 第2部 パネルディスカッション「地域創生・企業改革とダイバーシティ」
     ―マイク・ハリス氏/福住俊男氏/古川裕倫/他
◇定員:80名
◇費用:3,000円
 ※2017年2月11日(土)までに下記指定口座へお振込みください。
  三井住友銀行 桜新町支店 普通  6944452
  イッパンシャダンホウジンサイシギジュク
 ※領収書が必要な方は事務局までお申し付けください。
 ※申込み後のキャンセル・返金は対応いたしかねます。予めご了承ください。
◇お申込みコチラ
◇お申込み〆切: 2017年2月11日(土)
 ※満員となり次第締め切りとさせていただきます。
◇主催一般社団法人彩志義塾
    世田谷ビジネス塾
◇後援みなかみ町観光協会

【詳細】
地域創生にはイノベーションが必要である。過去と同じことを同じように繰り返しているだけでは、少子高齢化や都市部への人口傾斜などで地方の衰退は止まらない。地域の良さを発見するのにも、外国人や広い年代の意見や気づきが時に大きな成果を生みだしている。まさにダイバーシティである。

例えば、外国からの旅行者がどんな写真やビデオを日本で撮っているかをインタビューする番組なども成立している。下水のフタに素晴らしいデザインがされていることに驚く外国人。それを番組で見て初めて「なるほど」と教えられる日本人がいる。

日本人が気づきにくい「みなかみ」谷川岳から出る「利根川」の美しさを発見し、「キャニオニング」「ラフティング」ビジネスを立ち上げたマイク・ハリス氏の経験談とこれからの想いと聞く。

地域創生には「よそ者、バカ者、若者が必要」と言われるが、同一文化同一価値観から陥りやすい狭量視野ではなく、様々な価値観を持ついろいろな人たちの意見が重要である。地域創生だけではなく、企業改革も同じ。凝り固まった思想ではなく、広く柔軟性の高いダイバーシティ溢れる意見が必要になる。

世の中の環境の変化に対応して企業も変化していかなければならない。グローバル化にも対応しなければいけない。企業改革やグローバル化も含めて第2部のパネルディスカッションを行う。  

【スピーカープロフィール】
◇マイク・ハリス氏(株式会社キャニオンズ 代表取締役社長)
1973年ニュージーランド生まれ。大学在学中に初めて日本を訪れ、谷川岳や利根川といった自然の美しさに感銘を受ける。現在、”世界をリフレッシュさせる”をミッションに、「ラフティング」「キャニオニング」を始めとする大自然を活かしたアウトドアスポーツ事業を展開。キャニオニング・ツアーを日本へ普及させたパイオニアとして、業界を牽引する。また、インバウンドビジネスの仕掛人として、活動拠点である地元・群馬県みなかみ町の地域活性化にも大きく貢献。”世界のみなかみ”を目指す。一般社団法人みなかみ町観光協会理事。

◇福住俊男氏 (グローバルマネジメント研究所代表取締役)
1975年 アーサー・アンダーセン会計事務所監査部門に入所。1977年 株式会社アクセンチュア(旧アンダーセン・コンサルティング)に移り、24年間コンサルタントとして金融業を中心に活動。主に業務改革やそれを支援する情報システムの計画立案、設計・開発、運用・保守プロジェクトを担当。パートナー(日本代表)としてアクセンチュア日本オフィスの経営にも当たり、多くのコンサルタントを採用・育成するとともに、コンサルティング方法論の開発や、ナレッジ共有の仕組み作りにもかかわる。2001年退職。2002年 スタンフォード大学ビジティング・スカラーの後、慶応大学SFC研究所研究員として、グローバル企業のグローバル最適なビジネス・プロセスの研究調査を行う 2005年7月 グローバルマネジメント研究所設立、代表取締役社長に就任。
 

◇古川裕倫氏(一般社団法人彩志義塾代表理事、世田谷ビジネス塾塾長)
1954年 大阪生まれ。早稲田大学商学部卒。1977年 三井物産(エネルギー本部、情報産業本部、業務部投資総括室)内、ロサンゼルス・ニューヨークに10年間勤務。2000年 株式会社ホリプロ入社(取締役執行役員経営企画室など)。2007年 株式会社リンクステーション代表取締役副社長。2008年 株式会社多久案代表(~現在)。2008年 世田谷ビジネス塾塾長(~現在)。2014年 一般社団法人彩志義塾代表理事(~現在)ダイバーシティ(特に女性活躍推進)、企業改革などに関するコンサルティングや執筆を行っている。

お申込みはコチラ

【セミナー】第7期「立志塾」無料見学会

古川が塾長を務めます、女性向けオープンセミナー「立志塾」無料見学会のお知らせです。13:00より午後の部をオブザーブいただけます。お気軽にご参加ください。

 
◇日時:①11月12日(土)13:00~17:00 
    ②12月10日(土)13:00~17:00 
    ③1月14日(土)13:00~17:00 
    ④2月11日(土)13:00~17:00
    ※入退室自由
    ※懇親会(17:30~)参加希望の方は、お申込み時にその旨を
     併せてお申し出ください。

◇場所:〒107-0052 東京都港区赤坂3-2-6 APA赤坂中央ビル7F 
    ※三菱東京UFJ銀行の入っているビルです。google map で見る

◇入室:エレベータで7階まで上がっていただき、左手へお進みください。
    突き当り左側のお部屋がセミナールームとなりますので、
    ご自由にお入りください。

◇交通:赤坂見附駅(銀座線・丸の内線) A10番出口より徒歩1分
    赤坂駅(千代田線)より徒歩6分
    永田町駅(半蔵門線・南北線・有楽町線)より徒歩7分

◇タイムテーブル:
    13:00~14:00 3時間目 
        <議論>課題図書から考える「働くということ」
    14:00~15:20 4時間目 
        <講義>エキスパートから学ぶ、組織運営の基礎知識
    15:30~17:00 5時間目 
        <ラウンドテーブル>会社役員・ロールモデルとの意見交換 
    17:30~ 懇親会
       
◇参加費:無料(懇親会参加の場合、会費別途)

◇見学会詳細・お申込み:コチラよりお申込みください。

立志塾とは?

一般社団法人彩志義塾が主催するオープンセミナーです。各企業・団体から若手~中堅女性社員が集い、キャリアデザインやマネジメント等について学びます。

◇開講:年2回(4月・10月)
◇期間:6か月間(月1回×6日間)
◇費用:24万円(税別)
◇登壇ゲスト例:
    石村 弘子氏(シンコム・システムズ・ジャパン株式会社
    マネージング・ディレクター)
    島田 精一氏(津田塾大学理事長)
    早川 知佐氏(カルビー株式会社執行役員)
    飛田 尚美氏(株式会社バンダイ取締役)
    渋澤 健氏(株式会社コモンズ会長、財団法人渋澤栄一記念財団理事)
◇詳細:http://saishi.or.jp/risshijuku.html

【管理職向けセミナー】何故、女性部下のマネジメントがうまくいかないのか?~1人1人が活躍するワンランク上の組織作り~

◇主催:一般社団法人彩志義塾
◇開催日:2016/03/18(金) 16:00 ~ 17:30(受付15:50~)
◇会場:一般社団法人彩志義塾 セミナールーム
◇住所:東京都千代田区内神田1-11-10 コハラビル306(地図を表示)
◇講師:古川裕倫(代表理事)
◇受講費 5,000円
◇支払方法:当日受付時
◇定員:10名
◇備考:懇親会あり(別途費用)
◇参加申込期限:2016/03/18(金) 16:00
◇申込後キャンセル期限:2016/03/12(土) 21:00
◇対象:管理職、経営者・経営幹部、人事担当者

続きを読む »

【経営幹部・人事担当者向けセミナー】4月1日施行:女性活躍推進法~概要と今後の企業対応を考える~

◇主催:一般社団法人彩志義塾(代表理事:古川裕倫)
◇開催日:2016/01/19(火) 15:00 ~ 16:30(受付14:50~)
◇会場名:一般社団法人彩志義塾 セミナールーム
◇住所:東京都千代田区内神田1-11-10 コハラビル306 (地図を表示)
◇受講費:無料
◇対象:経営幹部・人事担当者・女性活躍推進に関心のある方
◇定員 12名
◇参加申込期限:2016/01/15(金) 18:00
◇申込後のキャンセル期限:2015/01/15(木) 18:00

続きを読む »

【セミナー】幹部が知っておくべき女性活躍推進のポイント

日時:2015 年10月22日(木) 午後2時~5時
会場:SSK セミナールーム
   東京都港区西新橋2-6-2 友泉西新橋ビル4F

女性活躍推進は、「やろうと思えばできるが、しなくても済むかもしれない」という考えは、「総論賛成、各論風まかせ」の文化と言え、結構手こずる課題である。女性のモチベーションを高めるだけでは、会社は変わらない。多くの男性管理職の理解も必要である。ただ、「そのうち変わるだろう」「だれかが変えるだろう」という「風まかせ」の管理職文化を変えなければならない。会社を文化を変えるのは、たやすいことではない。企業文化をスピード感を持って変えるには、次の3点を同時に行うのがよいと思う。つまり、(1)トップ方針の打ち出し、(2)啓蒙・トレーニングの実施、(3)評価制度への組み入れ。文化を変えることは、自己否定ともなりうる。しかし、ガツンと言う必要があり、迎合型研修では「人は変わらず」、意味がない。
本セミナーは、学者でも研修のプロでもない。ずっとビジネスパーソンだったので、組織や顧客に成果が見込めない仕事はしない。必ず、なんらかの成果を出せるという自負のもとに活動を続ける古川講師を招聘し、女性活躍推進に対する管理職(主に男性・女性参加も歓迎)の理解を高めていただく
ことを目的に開催致します。また、古川講師の信条、「後世に順送りする」を共有していただきたいと念願致します。

続きを読む »