古川裕倫の「いろどり徒然草」2月号

「働き方」の記事が賑やかに報道されている。日経の調べによると、上場会社301社の7割以上が働き方改革の最優先課題として長期時間労働是正をあげている。

以下は、課題の上位5項目である。

1、長時間労働の是正
2、女性の活用
3、子育て・介護と仕事との両立
4、仕事の進め方の見直し
5、時間・場所を問わない柔軟な労働環境の整備

政府の指導がなくても、企業が本気で「その気になれば」これら課題を解決するのはさほど難しいことではない。ただし、「その気になれば」という条件付き。現状を変えようとせず何も行動しないのに、改革が勝手に進むことはありえない。新聞を読んで社員の認識が高まり、働き方が変わっていくなんてことは、まず望めない。

働き方改革を難しくしているのは、過去から引き継いでいる経験、価値観、社内風土などである。改革の際に必ず現れる、「ノーノーペンギン」だ。(ジョン・コッター、「カモメになったペンギン」参照)。日立のV字回復を成し遂げた川村隆さんの「ザ・ラストマン」(川村隆、角川書店)からも、学ぶところが非常にたくさんある。まさに企業変革のお手本である。これにも改革を阻害する多くは「社内」の反対勢力であるとしている。

ノーノ-ペンギンの存在を踏まえた上で、改革を推進していくための具体策を3つあげる。

1、副業禁止・副業届出制度をやめる(対若手)

基本的に、残業を好んでするという価値観を持った若手社員は少ないようだ。ただ、”残業代を稼ぐための残業”も、なくはない。副業は自己責任とした上で、企業は「効率的に仕事を済ませ、夜また別の職場で頑張って稼ぎなさい」と伝える。協業禁止条項もあり。

2、「働き方」についての価値観を統一する(対マネジメント層)

本部長クラスや役員等を含め、管理職以上の社員が、「働き方」についての意を1つにする。残業について言えば、先のメルマガでも書いた通り、管理職や本部長の1人でも「残業は美学」として評価してしまうと、部下はそちらに流される。「残業代は支払う。ただし、残業をするからといって、残業は昇進などの評価には入れない」なのか、「残業代は支払うし、残業する熱意も評価に入れる」なのか。経営会議や取締役会で方針を明確にし、全社で共有するのが良いと思う。「その気になって」とは、そうやって経営の決意として示すことだと思う。

ちなみに、今でこそ優先課題とされる上記5つも、昭和時代にはほとんど話題に上がらなかった。昭和の価値観に照らしてみれば、「新しいこと」「知らないこと」「ほんまかいな」である。

1980年代のビジネス書が手元にある。その巻末には出版社の広告としていくつか別の書籍名が列挙されている。「松下幸之助は語る 情熱がなければ人は動かない」。「土光敏夫は語る リーダーよ、自ら火の粉をかぶれ」。書籍のタイトルはほとんどを出版社がつけているのだが、問題は次である。「堤義明が語る 休日は欲しければ管理職を辞めよ」。これぞまさしく、昭和の価値観である。今このようなことを言えば、ブラック企業と評されるだろう。時代は確実に変わってきている。

3、オープンな土壌を整える

いろんなことを社外秘にしたがる企業は多い。しかし、働き方改革の内容まで社外秘にするメリットは何だろうか。時代の変化に合わせて変わっていかなければならないのは、どこの企業も同じである。変わろうとするならば、もっとオープンになって社内外の知恵や意見を取り込むことが大切である。他社や外部アドバイザーから意見を得る。自らも持っている情報は外に出す。社員は社外で交流して刺激を受ける。改革には「よそ者、バカ者、若者」を交え、ダイバーシティ的視野(複眼的視野)をもって取り組みたい。

【お知らせ】

(1)新春講演企画「みなかみ温泉を創生したニュージーランド人~よそ者・ばか者・若者が地域を変える~」を開催します。

第1部では、みなかみ町活性化の立役者”マイク・ハリス氏”より地方創生の実際についてお話を伺い、続く第2部では、地方創生と企業改革についてのパネルディスカッションを行う予定です。

 ◇日時:2017年2月18日(土)16:00~18:00
 ◇場所:駒澤大学大学会館246(駒沢大学キャンパスとは異なりますのでご注意ください)
 ◇定員:80名(先着順)
 ◇費用:3000円
 ◇申込み:コチラよりご登録下さい   

(2)第7期「立志塾」好評受付中

第7期「立志塾」(4月開講)の募集を開始しました。〆切は2月28日です。
また、引き続き無料見学会も開催します。オブザーバーとして午後部の講義を無料で聴講いただけます@赤坂見附。

 ◇2月11日(土)13:00~17:00
  ゲスト:大手外資系金融役員
  詳細:コチラ

ご見学希望の方はお気軽にご連絡ください。
info@saishi.or.jp

古川裕倫の「いろどり徒然草」1月号

ジョン・コッターの「カモメになったペンギン」という、組織改革に関する本がある。改革を成功に導くためのキーポイントと乗り越えるべき課題を、物語仕立てで分かりやすく説明している。「改革時には、必ず反対勢力(「ノーノーペンギン」という)が現れる」という教えにも、注目したい。詳しくはまた別の機会に譲るとして、変化・変革について学びたい方には役に立つ書籍であろう。

地方創生の重要性が、以前にも増して叫ばれるようになってきた。少子高齢化社会が目に見えて始まった今、人口減少の問題は、もはや誰にとっても対岸の火事とは言い難い。自分ごととして、何らかのアクションを起こしていく必要がある。何もしないでいると、いつの間にか「ゆでカエル」になってしまう。地方にとっては、発展するか衰退するか、1つの節目の時代と言える。

地域社会だけではない。ビジネスの世界においても、人口減少は大きな変化をもたらす。働き手の確保はますます難しくなる。国内市場が縮小すれば、今までと同じように国内ビジネスだけをやっている企業の先行きは怪しくなるだろう。

また、人口動態の変化に加え、日本におけるグローバルな海外企業の躍進も国内市場を揺り動かす大きな波である。大手を振って勇ましく国内へ攻め込んでくる、いわば現代版「黒船」である。ネスレ、ジョンソン&ジョンソン、P&G、appleなどの製造業や、グーグル、マイクロソフト、IBMといったIT企業など、その数多数。海外企業が日本へ参入するのは結構なことであるが、一方で、日本ももっと積極的に海外で活躍するグローバル企業を産んでいかなければならない。日本の限られた市場だけを見ていたのでは、鎖国時代と何も変らない。知らぬ間に世界からおいてけぼりをくうことになり、競争力をすっかり失ってしまうだろう。

環境の変化に対応するということは、すなわち、環境の変化に併せて「自らも変化する」ということである。イノベーションである。これが、地方創生や企業改革で求められる。過去のやり方から脱却し、新しいモノに挑戦していかなければならない。私は、地域創生にも企業改革にも両方に興味があるが、いずれも基本的な問題点や対応の仕方などは大変酷似していて、驚くばかりである。

変化に対応する際のポイントは、以下の4点である。

1、複眼でモノを見る。同じ観点からではなく、いろんな角度からモノを見る。つまり、ダイバーシティ。「ヨソ者をウチに入れない」、「その土地に長く住む発言力のある人は、新しい考え方を受け入れられない」といった話は地方創生ではよく聞くところであるが、これではいけない。企業も同様である。同じ文化で同じように育ち同じような考え方を持った人同士で議論をしても、イノベーションは生まれない。いつまでたっても枠から出られない。

2、(正当な)競争原理を取り入れる。例えば、疲弊している組織は、実力とはほぼ無関係の年功序列制度がまかりとおっていることが多い。実力のない中高年が重要ポストに座っているのは、評価制度がきちんと機能していないからである。適切な競争環境を作ることは、変化に対する原動力となる。

3、保守的な考え方は徹底的に排除する。「ヨソ者は受け入れない」「出る杭は打つ」「談合的に考える」「護送船団方式」「足の引っ張り合い」などは、適切な競争を妨害する。

4、ある程度の痛みは覚悟の上で、早めに着手する。どんな改革にも痛みはつきものである。幕末から明治にかけて、日本は明治維新という大改革を成し遂げた。しかしその裏側で、武士200万人を失職させるという、大きな犠牲もあった。差し迫る西洋列強という脅威に対応するための、重要な決断である。現在それなりに利益体質である組織は、あえてリスクを負って変化・改革する必要はないと感じるかもしれない。今すぐ変化しなくても、それですむかもしれない。しかし、ずっと変わらないままでいると、やがて組織全体に古錆びがこびりついて金属疲労を起こすかもしれない。すなわち、倒産である。組織にとって最も大きな痛手は何かを考え、決断する覚悟を持ちたい。

ある時、都内で賑わっている食堂街を見た地方の方が、次のように言われた。「さすが都会は、どのお店も隆々としていますね」。「たくさんの店が潰れていく中で、競争に勝ち残っているだけです。競争があるから隆々としています」と、私は申し上げた。多様性を受け入れ、競争環境に自ら身をおき変化していくことで、組織や社会は活気づくのだと思う。

先日、山梨県甲府市で「幹部は変化に対応し、イノベーションを起こせ」というタイトルで講演させていただいた。おかげさまで大きな共感をいただいたと、その後の懇親会で伺い嬉しい限りである。

【お知らせ】

(1)新春講演企画「みなかみ温泉を創生したニュージーランド人~よそ者・ばか者・若者が地域を変える~」を開催します。

第1部では、みなかみ町活性化の立役者”マイク・ハリス氏”より地方創生の実際についてお話を伺い、 続く第2部では、地方創生と企業改革についてのパネルディスカッションを行う予定です。

 ◇日時: 2月18日(土)16:00~18:00
 ◇場所: 駒澤大学大学会館246
     (駒沢大学キャンパスとは異なりますのでご注意ください)
 ◇定員: 80名(先着順)
 ◇費用: 3000円
 ◇申込み: コチラ
      

(2)立志塾無料見学会

 オブザーバーとして午後部の講義を無料で聴講いただけます。
 第6期は、9名の女性が学んでいます。

 ◇日時 : 2月11日(土)13:00~17:00
 ◇場所 : 赤坂見附 セミナールーム
 ◇定員 : 10名
 ◇費用 : 無料
 ◇ゲスト: 大手外資系金融役員
 ◇申込み: コチラ

 お気軽にご参加ください。

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」正月号

謹賀新年

「男女差別は野蛮なる悪習慣なり」と明治時代に言ったのが福沢諭吉。ジェンダー・ダイバーティを推進している一般社団法人彩志義塾は、おかげさまで本年で4年目を迎え、オープンセミナー「立志塾」は4月から第7期目となります。皆様のご協力・ご支援の賜物であり、感謝いたします。

本年から女性講師陣の充実を図り、またジェンダー・ダイバーシティ以外の講演・研修メニュー(企業改革、リーダーシップ、部下育成など)も彩志義塾が提供いたします。

【お知らせ!!!】
カンブリア宮殿(1月12日、木曜、21:54−22:54)に、ジェンダー・ダイバーシティを積極的に推進し、かつ業績絶好調の「SCSK」中井戸信英相談役が出演されます。「売上が下がってもいいから残業をするな」と指示した中井戸さんの「経営者の覚悟」はものすごい。明治人の気骨を連想してしまいます。

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」12月号

どのようにして世田谷ビジネス塾主催ビジネス書大賞が選考されているか

「世田谷ビジネス塾」が来夏10周年を迎える。
 
 地元世田谷の駒澤大学の施設をお借りして、月に1度土曜日に行っている無料読書会。「参加者が本の内容や感想を他の参加者に紹介し、その後参加者が一緒に議論をする」という簡単な仕組みであるが、なかなかどうして深みがあっておもしろい。長年続いているのがその証拠であろう。毎回の参加者数は、20-30名ぐらいであるが、フェイスブックの会員は800名近い。対象書籍は、「ビジネス書、自己啓発書、歴史書(小説可)、伝記、自伝」など。純文学、恋愛小説、サスペンスなどは、コメントができないので、一応対象外とさせていただいている。

 年間7万冊もの新しい書籍が日本の書店市場に出てくるが、それらの中から面白そうな本や良書を見当てるのは大変な作業である。また、従来から売っている多くの作品の中から、自分の仕事に役に立つような良書を探し出すのも至難の技である。

 哲学者のショーペンハウエルや江戸時代の儒学者佐藤一齋など先人は、「良書を読みなさい」と言葉を残してくれているが、何が良書かなかなか難しい。また、両者は、「人は新しい書籍に目を奪われがちである」とも言っている。新刊が気に気になる我々には耳が痛い。

 「世田谷ビジネス塾」で本を読んだ率直な感想を聞き、質疑応答を進めていくと、だいたいの書籍像が現れてくる。出版社が自分のためにするお手盛りの宣伝とは違って、読者の素直な感想が聞ける。「5個満点で、星3つ」みたいに。良書のほとんどは、小難しいことは決して言わない。むしろ、読みやすく、分かりやすい。参加者は老若男女。大学生から退職組まで、男女も半々ぐらい。

 世田谷ビジネス塾は、一昨年から「世田谷ビジネス塾ビジネス書大賞」を決めている。前年紹介された本を会員が投票し、その後20名前後の選考委員が一次選考に残った4-5冊を2-3か月で熟読した上、議論して決める。選考の基準は二つ。世界に紹介したい書籍と後世に読んでほしい書籍。いずれは、これらを英語化して、電子書籍で世界に紹介したい。利害関係のないスポンサー募集中。
 
 2014年の第1回大賞は、「修身教授録」(森信三)、特別賞として「道を開く」(松下幸之助)。2015年の第2回大賞は、「逆境を超えて行くものたちへ」(新渡戸稲造)

 2015年から姉妹塾「堂島読書会」を大阪でスタートした。隔月開催。もちろん、こちらの読書会で紹介された本も大賞候補になる。

 先月から第3回ビジネス書大賞の選考が始まった。私は、塾メンバーが紹介してくれた「銀行王 陰徳を積む 安田善次郎」(北康利、新潮文庫)の推薦状を書いて投稿した。2次選考に残るかわからないが。推薦状のサンンプルとして下記したい。

 安田善治郎は、天保9年(1838年)富山に生まれ。福沢諭吉の4歳年下で、明治維新から約30年前に生まれた。安田財閥・芙蓉グループの創始者であり、のちの安田生命、富士銀行とつながった。 安田善治郎は「陰徳を積む人」として知られる。

 善治郎の父は、富山人の気性とも言える「律儀一方」な人間であり、厳しく善治郎を育てた。自らを律することや勤倹を旨とした。特に「陰徳を積め」ということを教えた。陰徳を積むとは、人に褒められたいから善行を尽くすのではなく、他人に知られることなく黙々と世のために尽くすことを言う。人知れず善行を行うことによって自分を磨く。

 ある着飾ったお金持ちがお連れとともに施設を見舞ったという話を聞いた時、これは違うと、善治郎は残念に思った。名前を出さずに善行を行うことこそが徳を積むことである。「慈善は陰徳を以って本とすべし、慈善を以って名誉を求むべからず」と父から教えられていたのだ。

 江戸に出て丁稚奉公をしている時も他の奉公人とは違う心構えを持っていた。人の出入りが多い店の土間には履物が乱雑に散らかっていた。忙しい奉公人たちは、誰かに言われるまで履物を直そうとはしなかったが、善治郎は、誰に指示されなくても履物を揃えた。自分が外出する時も、外出から帰ってきた時も、奉公人や番頭の履物も揃えている。

 ゴミが落ちていたら、さっと拾う。自分の店の土間でも、店の前でも。さらにはお使いに行く道で紙くずも拾う。誰か見ているとか見ていないとかは、関係ない。「陰徳を積む」を実践した。

 安田善治郎は、晩年自分の人生を振り返り、こう語った。「自分には人にすぐれた学問も才知もない。技能もたいしたことはないが、克己堅忍(克己と忍耐)を修養したことに関しては、誰にも負けない。富山を飛び出して、小僧として奉公し、商人として身を立てるまでの奮闘を一言で言えば、克己堅忍の意思力を修養するための努力に他ならない」

 物語のエンディングもすごいのですが、それは本を読まれてください。

◇立志塾無料見学会のご案内◇

オブザーバーとして午後部の講義を無料で聴講いただけます@赤坂見附。第6期は、9名の女性が学んでいます。

 (1)12月10日(土)13:00~17:00
    ゲスト:渋澤健さん(コモンズ投信 会長)
    詳細:https://jinjibu.jp/seminar/detl/39292/
 (2)1月14日(土)13:00~17:00
    ゲスト:阿部敦さん(富士通社外取締役)
    詳細:http://saishi.or.jp/risshijuku7th.html

ご見学希望の方はお気軽にご連絡ください。

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」10月号

定年についての考え方(その2)
〜それまでに身につけておきたいこと〜

今日はもう一度、「定年」について。私は今62歳。ちょうど同期や同じような年代が定年を迎え、千差万別な人生を送っています(送ろうとしています)。それぞれの人生にどうこう言うつもりはまったくありませんし、それこそダイバーシティ&インクルージョンです。第2の仕事をしている人、しばらくは休みたいとしている人(多くがデイトレードをやりたがるが、素人が勝てるものではない)。これにて働き終わりとする人は少ないようです。

何年先かは別にして、いずれ皆さんも定年を迎えるのでしょうから、多少なりともお役に立てそうなことをお伝えしたいと思います。

続きを読む »

トップページ | 会社概要 | プロフィール | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | メールマガジン