おしらせ

なお、現在はフェイスブック古川裕倫(https://www.facebook.com/FurukawaHironori)とフェイスブック世田谷ビジネス塾(https://www.facebook.com/groups/setagaya.biz.juku/)に近況などの書き込みを行っております。

ちなみに現在ゴルフも休止中です。早や10年になりますが、また復活するかも知れません。なんでもやりたがりなのですが、どれも中途半端になるのがいけません。

先人、吉田兼好いわく「何方(いずかた)をも捨てじと心に取り持ちては、一事も成るべからず」。

2010-09-30のつぶやき

  • チリ落盤事故(46)小さな日本の貢献!(共同通信から)。外務省は宇宙服として使用されて売る半袖シャツとパンツをチリ向けに送った。宇宙航空研究開発機構の呼びかけで衣料メーカーが提供。宇宙ステーションで使われ、吸湿性や消臭性高い。ストレス解消効果がある黒あめも送った。 #

2010-09-27のつぶやき

  • 山形県米沢市に行って、上杉鷹山(うえすぎようざん)のぬくもりを感じてきました。いいところですよ。HPに歴史をチョッと書きました。http://www.taku-an.co.jp/blog/ #
  • 「坂の上の雲」の松山に行ってきました。素晴らしいところです。
    堪能させて頂きました。HPにアップしました。
    http://www.taku-an.co.jp/blog/ #

「坂の上の雲」松山(愛媛県)への旅。

松山に行ってきました(9月20日~23日)。
「坂の上の雲」の街、松山を堪能させて頂きました。

緑の山上に松山城があり、
堀の横を路面電車が走る、
ほのぼのとした心あたたまる街。

司馬遼太郎さんの大ファンであり、「坂の上」キチである私にとって
松山はずっと行きたかった街です。

訪れたところ

「坂の上の雲ミュージーアム」
「秋山兄弟生誕地」
「松山城」
「北予中学校跡」=県立松山北高校
「道後温泉」
「秋山好古のお墓」
「子規記念館」

「春や昔 十五万石の 城下かな」(正岡子規)

路面電車にも公募で選ばれた言葉が書かれている

「笑顔は世界の共通語」
「始まりはいつも小さい」
「ピカソはピカソ、私は私」
「君の速さで歩(ゆ)けばいい」など。

松山の街のあちこちに俳句を投稿する箱がある。
これは路面電車の中で見かけたもの。

県立松山北高校校門(=北予中学校跡)

晩年の秋山好古が、校長を務めた。
毎日、この校門に立って、登校してくる生徒に全員挨拶をしたという。

私が高校に到着したとき、一人の先生がそこに立たれていて、
下校する生徒にさわやから挨拶をされていた。

アレッレ!まさに好古先生だと、思った。
「いえいえ、学校の周りをランニングしている運動部の
指導をしているだけです」とご説明されたが、
私は、好古校長を見たような、ぬくもりを感じた。

「校門で 生徒見送る 好古を
見かけたるかな 北高校」
と自分のメモ帳に書いてしまった。

見知らぬ旅人であるのに、ご親切に学校中の資料館まで見せて頂いた。
(たしか)NHK松山支局制作のテレビ番組でも
紹介されていた好古校長の資料もじっくり拝見させて頂いた。
今回の旅で、最も感激した場面だった。
O先生、ありがとうございました!

学校には、こういう横断幕が掲げられていた。
「社会貢献できる人材の育成。-感謝から自立と共生へ-」
すばらしい!

秋山好古校長

松山の魚

とても新鮮で美味しいお魚がいっぱい。
お刺身コリコリ(感激)、お酒グイグイ(反省)でした。
木村さん、お付き合い頂きありがとうございました。

米沢への旅。上杉鷹山(うえすぎようざん)

山形県米沢市を訪れた(9月6日~8日)。

上杉家は、
初代上杉謙信の頃は越後地方で200万石以上あったが、
2代上杉景勝のときに豊臣秀吉によって会津120万石に移され、
その後、関が原の戦い後、徳川家康によって米沢30万石に減封された。
さらに相続の問題があって、15万石まで減らされたが、
明治維新まで藩主として続いた。

その間、10代藩主上杉鷹山が、大きな藩政改革を行った。
「なせば成る なさねばな成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」

また、鷹山は謙譲の徳を振興する藩校「興譲館」を再建した。
1776年安永5年である。奇しくもアメリカ合衆国の独立宣言の年だ。

ジョン・F・ケネディが、インタビューに答えて
「尊敬する日本人は、ウエスギヨウザン」と言って
日本人記者団が驚いたそうだ。

前に読んだ本を引っ張り出して、行きの車中で読み直してみた。
「上杉鷹山の経営学」(童門冬二、PHP文庫)

文字通り、苦しい会社の経営改革の参考になる。
率先垂範や人を心から慕うことなどのリーダーシップ、
外部からやってくる指導者が直面する改革への
軋轢(あつれき)などを学べる。

歴史の香りが高いが、ほのぼのとした街という雰囲気を感じた。
また、ぜひ訪れてみたい。

2010-09-25のつぶやき

  • 松山市公募ことばから。「ピカソはピカソ、私は私」。
    なるほど。 #
  • 松山公募ことばから。「君の早さで歩(ゆ)けばいい」。
    今回初めて訪れた街、松山。人がいい。食べ物がいい、歴史がいい。 #
  • 松山。「坂の上の雲」の主人公の一人、正岡子規。
    「春や昔 十五万石の 城下かな」 #
Page 1 of 41234

トップページ | お問い合わせ | 会社概要