おしらせ

なお、現在はフェイスブック古川裕倫(https://www.facebook.com/FurukawaHironori)とフェイスブック世田谷ビジネス塾(https://www.facebook.com/groups/setagaya.biz.juku/)に近況などの書き込みを行っております。

ちなみに現在ゴルフも休止中です。早や10年になりますが、また復活するかも知れません。なんでもやりたがりなのですが、どれも中途半端になるのがいけません。

先人、吉田兼好いわく「何方(いずかた)をも捨てじと心に取り持ちては、一事も成るべからず」。

米沢への旅。上杉鷹山(うえすぎようざん)

山形県米沢市を訪れた(9月6日~8日)。

上杉家は、
初代上杉謙信の頃は越後地方で200万石以上あったが、
2代上杉景勝のときに豊臣秀吉によって会津120万石に移され、
その後、関が原の戦い後、徳川家康によって米沢30万石に減封された。
さらに相続の問題があって、15万石まで減らされたが、
明治維新まで藩主として続いた。

その間、10代藩主上杉鷹山が、大きな藩政改革を行った。
「なせば成る なさねばな成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」

また、鷹山は謙譲の徳を振興する藩校「興譲館」を再建した。
1776年安永5年である。奇しくもアメリカ合衆国の独立宣言の年だ。

ジョン・F・ケネディが、インタビューに答えて
「尊敬する日本人は、ウエスギヨウザン」と言って
日本人記者団が驚いたそうだ。

前に読んだ本を引っ張り出して、行きの車中で読み直してみた。
「上杉鷹山の経営学」(童門冬二、PHP文庫)

文字通り、苦しい会社の経営改革の参考になる。
率先垂範や人を心から慕うことなどのリーダーシップ、
外部からやってくる指導者が直面する改革への
軋轢(あつれき)などを学べる。

歴史の香りが高いが、ほのぼのとした街という雰囲気を感じた。
また、ぜひ訪れてみたい。

わかりやすく書かれた本を読もう

慶應出身の友人何人かに「学問のすすめ」を読んだかと尋ねたら、
買ったが読んでないとの答えが意外に多かった。

おそらく原本に近いものを購入して挫折したのだろう。

偉そうに言う私も、本を買って挫折することがよくある。
書店で自分が手に取って買う書籍は、ほとんど挫折しないが、
次のパターンに引っかかる。

読んでいないと恥ずかしいと思う流行の書籍。
帯に「やさしい〇〇」と書かれていて内容を見ないで買った本。
残念がなが、これらは私の書棚の挫折本コーナーを賑わせている。

が、慎重に、周到に、本を選ぶべきと皆さんにお勧めしているのではない。

挫折する本があっても、仕方ないと思えばよいこと。
自分が読み進めにくいもの、納得できないものを無理して
読み続けることはない。他の本を読んだ方が、効率的。
難しい本もお勧めしない。

「学問のすすめ」の中に福澤諭吉自身が、こう言っている。
難しい文字を学ぶことが学問ではない。文字を知っていることは、
必要であるが、大事なのは中身を知ること。
論語読みの論語では意味がない。

ビジネスパーソンがなぜ大学の経営学の教科書を読まないのであろうか。
ピーター・ドラッカーの本は、平易に書かれている。

伝記などは、小学生が読む本でもビジネスパーソンの教養には十分。
逆に、小学生が読む本などは、中身がきっちりしていて、
いいかげんなところがない。

日本で、年間6万冊~7万冊の本が新に出版されているという。
図書館にも山のように本がある。全部読めるはずがない。

先日、亡くなられた井上ひさしさんの言葉に
「難しいことをやさしく、やさしいことをおもしろく、
おもしろいことを深く」というのがある。

学問のすすめ

「学問のすすめ」は、ぜひお読み頂きたい。
著者福澤諭吉は、慶応大学の創始者でもあり、
お顔は一万円札でみなさんご存じの通り。

恥ずかしながら、私が読んだのはつい昨年のこと。
すばらしい本にめぐり合えたとそのご縁に感謝している。

私が読んだのは、「学問のすすめ」(福澤諭吉、齋藤孝訳、ちくま新書)。
ちなみに「学問のすすめ」は、明治時代のベストセラー。

昨年12月に出版した「仕事で大切なことは『坂の上の雲』が教えてくれた」
(古川裕倫、三笠書房)を執筆中、秋山好古が最も尊敬したという福澤諭吉の
ことがどうも気にかかってならなかった。

好古がなぜ福澤諭吉を尊敬したのか、どのようなところに魅かれたのか。
好古も晩年その生涯を教育に捧げるが、やはり福澤諭吉の影響であろうか、と。

秋山好古は、安政6年(1859年)生まれ。ペリーの最初の来航から6年後。

福澤諭吉は、天保5年(1835年)生まれ。ペリー同来航の翌年、
19歳の歳に長崎に遊学し、翌年からは大阪の緒方洪庵の適塾で猛勉強
する。

◆ 「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
◆ 個人の自立が大切。個人の自立なくして国家の自立はない。
◆ 「西洋学問にも目を向けよ」と強く主張しているが、
西洋のよいところは取り入れ、日本のよいところも忘れるなとも主張。

説得力が極めて高い。頭がよくて、論理的で、弁が立つ。
理由説明にしつこいぐらいに多くの例を挙げる。「これでもか、これでもか」と。

そして、理由の後段には、ユーモラスなものを挙げている。
大分県中津藩の武士ではあるが、大阪の中津藩蔵屋敷で
生まれ育ったからであろうか。

私は、「坂の上の雲」を読み返してから、「学問のすすめ」を読んだ。
「学問のすすめ」は、学びの重要性のほかに、
好古をはじめとする若者が大きな希望を持って新しい時代に
挑戦していく時代背景もしっかり説明してくれている。
嬉しくなってくる。

「学問のすすめ」を読み終えたら、自然に「福翁自伝」(福澤諭吉、
昆野和七校訂、角川ソフィア文庫)を買って読んでいた。
諭吉の自伝であるが、こちらも非常におもしろい。

少なくともここ10年で私が出合って一番感動した本だ。

新著「51歳からのルール」の紹介を聞けます

5月12日

私の本の宣伝ですが、情報とご理解下さい(恐縮!)。

あたりまえだけどなかなかできない 51歳からのルール「あたりまえだけどなかなかできない 51歳からのルール」
著者:古川裕倫
明日香出版、5月10日発売。
[ Amazon.co.jpでみる ]

新刊ラジオというメディアに初めてご紹介頂きました。
私も正直よく存じ上げなかったのですが、なかなかよくできているメディアです。

  ここ
  ↓
「新刊ラジオ」 をクリックして、今、一番上にある本書名をクリック下さい。
(スピーカーをONにしないと聞こえませんよ~、オジサン!)

51歳からのルール

「あたりまえだけどなかなかできない 51歳からのルール」
(明日香出版)を脱稿した。

発売は今月10日だそうだが、既に一部首都圏の書店で
テスト販売として並んでいるそうだ。

これまでに13冊書いたが、その中で読者対象の年代が一番高い。
自分が56歳なので、自分の身近なことだ。

さわりをご紹介したい。
50代になっていない人も、いずれ経験されることであるから
ご覧いただきたい。

世渡りのコツも熟知し、会社での経験も豊富である50代。
20代、30代、40代、50代と会社生活を世代に分けると、
まさに第4コーナーである。

役員になれるかなれないかの瀬戸際の人もいれば、
定年という形が本当に見えてきている人もいる。

風向きが刻々と変化する嵐の中で尾根を歩くように、
いつどちらに転ぶかによって、天国と地獄の差が出るときかもしれない。

会社でがむしゃらに働いてきた人も、残りの人生をどう生きたいかと
考え始める頃でもある。老後や病気、年金という言葉に敏感になる。

家庭を見れば、子供がひとり立ちや結婚する年代でもあり、
(これまでの反省も含め)親や家長としての責務も考える頃である。
熟年離婚も気になってくる男性も多い。

こういう状況下、会社では50代が最後の勝負のときである。
時代劇的にいうと、天下分け目の合戦とでも言おうか。

また、もう1つ大切なことがある。
50代は会社生活の第4コーナーであっても、人生全体から見れば、
未だ折り返したばかりである。
人生の後半戦、50代、60代、70代、80代の中で、
第1コーナーなのである。

だから、この50代をどう生きるかが大切だ。
会社生活でどのような最高のゴールを迎えるか、
また私生活でどのようなスタートをする準備をするのか。

Page 1 of 41234

トップページ | お問い合わせ | 会社概要