おしらせ

なお、現在はフェイスブック古川裕倫(https://www.facebook.com/FurukawaHironori)とフェイスブック世田谷ビジネス塾(https://www.facebook.com/groups/setagaya.biz.juku/)に近況などの書き込みを行っております。

ちなみに現在ゴルフも休止中です。早や10年になりますが、また復活するかも知れません。なんでもやりたがりなのですが、どれも中途半端になるのがいけません。

先人、吉田兼好いわく「何方(いずかた)をも捨てじと心に取り持ちては、一事も成るべからず」。

「あいうえお」人間になろう

「あいうえお」人間になろう

あ 明るく
い 活き活きと
う 上を向いて
え 笑顔で
お おもしろい

「かきくけこ」人間にはなりたくない

か かたくなで
き きまぐれで
く 暗くて
け ケチで
こ こわい

上記ご紹介まで。
(日本語の上手な)アメリカ人の友人にこれを言ったら、

私達日本人が気がついていないおもしろいことを教えてくれた。
それは、また別の機会に。

プラチナビジネス塾(第5回、意識共有型知的興奮状態)

2月26日〈金)に第5回プラチナビジネス塾を開催しました。

場所は、飯田橋ベルサール。二年ぐらい前にできた新しいホール。
音響も使い勝手もよいので、プラチナビジネス塾で愛用させて頂いています。

今回は、島田精一さん(住宅金融支援機構理事長)の「仕事に必要な言葉」
(島田精一、かんき出版)の出版記念会にご一緒させて頂きました。

島田さんは、当初出版記念パーティーなどというあでやかなものは
辞退したいとのご意向でしたが、私を含めた取り巻きが、本の読者に
是非語って頂きたいと無理を申し上げました。

ということで、勉強熱心な若手メンバーがいるプラチナビジネス塾と
合体しました。

(島田さんには、第2回プラチナビジネス塾でも
ご講演を頂きました。第2回プラチナビジネス塾

当初は、スクール形式(机と椅子)で72名を定員としていましたが、
次々とお申込みがあり、なんと160名を越える状況となりました。
机を撤去し椅子だけの対応としましたが、これ以上は無理と判断し、
一部お断りをせざるを得ませんでした。申し訳ありません。

お申込みが多かったのは、島田さんの人望の大きさと人脈の広さです。
寺島実郎様はじめ当初予定していなかった重鎮の皆様も
かけつけて下さいました。ありがとうございました。

次第。
18:30 日本総研研究所会長寺島実郎さんのご挨拶とミニ・トーク
18;45 (来賓挨拶)
      ゆうちょ銀行 井澤吉之社長
      東洋エンジニアリング 永田雄志会長
      三井物産 松本順一副社長
19:00 プラチナビジネス塾古川裕倫 挨拶・ミニトーク
19:15 島田精一理事長講演
20:00 異業種交流会〈乾杯ご発声、東京理科大塚本理事長)

詳細は後日ご報告しますが、結論から言うと、
ものすごい盛り上がりでした。

寺島様のミニトークもご来賓のご挨拶も興味深い。
人間島田精一を、感謝の気持ちを込めて、しっかり、こってり、
しかもユーモラスに語られる。

島田さんの講演がまた深い。
自分の失敗をさらけ出して、力強く、一生懸命語られる姿には
誰でも感動する。

参加者のことを思って、自分の経験を思いを、端折って手を抜くことなく
語られる。

「朝の来ない夜はない」「夜明け前が一番暗い」
「おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなすものは心なりけり」
参加者の心をぎゅっーと捉える。

会場のすべての耳は一言も聞き漏らすまいとしている。
キラキラ輝く目は一点に注がれている。
素晴らしい講演でした。

そんな状態が一時間半あって、次に何が起きるか?

交流会が異常に盛り上がるのです。
勝手に、「意識共有型知的興奮状態」と名付けました。

ある同じ空間で参加者全員が大きな感動をして、同じ思いを共有する。
長時間、見て、聴くだけの行為をしている参加者が、共感したものを次に
表現したい、はき出したい。
そういう思いがつのるのではないかと考えます。

乾杯の発声が済むや否や、溜まっていた思いが参加者からドッと溢れ出る。
隣が知り合いであろうと、初対面でも、誰とで盛り上がる。
そういう感じです。

もし、前段のトークや講演を通じての意識共有がなければ、
知らぬもの同士の遠慮が先に立って、しらじらとした交流会に
なっていたに違いないと思います。

主催者の一員として自画自賛であるとお叱りを受けるかも知れませんが、
とても素晴らしい会でした。

意識共有型知的興奮状態が病み付きになりそうです。

元気言葉「見ている人は見ている」

2月14日

昨日は、自分が認められたいと思いすぎることはよくないと申し上げた。

ところが、会社とはよくできているもので、見ている人は見ているのだ。
相手は自分に言わないが、よく知っている場合もたくさんある。

また、直属の上司はある時点では知らなくても、斜め上の(他の部署の)
上司であるとか、部下であるとか、取引先であるとか、いろんなところから
話を聞くものだ。

人は自分が思う以上に自分のよいところや悪いところを知っている。
自分の努力が理解されない、自分が報われないと必要以上に
思うことはないのだ。そう思っておけばよいときがたくさんある。

自分の部下が落ち込んでいるときには、部下が話しやすい雰囲気を
作ってやって、話を聞いてあげよう。
時間を十分とって、しっかり向かい合うことだ。

80聞いて、20しゃべるつもりで、よく話を聞いて、
それから評価をしているところも改善余地があるところも伝えよう。

そして、必要なときには、「見ている人は見ている」と伝えよう。

私自身も若い頃、「見ている人は見ている」という言葉に何度か助けられた
ことがある。そういわれるだけで、余計なことを考えなくてすむからだ。

昨日の元気言葉「人の己をしらざるを患(うれ)えず、人を知らざるを患う」と
「見ている人は見ている」両方を頭に入れておけば、余計なことが一つ減る。

元気言葉「人の己をしらざるを患(うれ)えず、人を知らざるを患う」(論語)

2月13日

「他人が自分を認めてくれないと文句を言うべきではなく、
自分こそ他人の真価を知らないことに気をつけておけ」

人間、誰しも認められたい。
自分の満足感や達成感も大事ではあるが、やはり人に認められたい。
会社では、査定があり、報酬や昇進にも直接影響する。

叱るばかりではなく、部下を認めること、褒めることは、大切である。
であれば、自分も認めてもらって、評価して欲しいと思うのは、
当たり前のことであろう。

今の世の中、「黙して語らず」「不言実行」だけでは、いけないと思う。
説明責任があり、社内のコミュニケーションも取らなければならない。

結果だけ出せばよいのではなく、経過も上司や部下と
共有しなければならない。
自分の仕事についても、周りに対するある程度の説明は必要である。

ただ、オレがオレがと自分のことだけを度を越して言っているのでは、
人はついてこないし、いつの間にか孤立してしまう。

そのあたりのバランスの問題である。

自分のことを自分が見えていないかもしれない

人は、自分のよい点を人に認めてもらいたいと思うが、
自分の悪い点はなかなか直らない。

そもそも、多くの場合、自分の直すべきところに
気が付いていないことも多い。もちろん、私もその一員である。

自分が認められないと思うことがあれば、自分のダメなところが
マイナス評価されているのではないかと考えてみることだ。

(明日に続く)

元気言葉「壮にして学べば老いて衰えず、老いて学べば死して朽ちず」(佐藤一斎)

2月12日(金)

「壮年のときに学べば老いても衰えない、
老いて学べば死んでも心が朽ち果てない」

これは、若いときだけではなく、歳をとっても勉強を続けよという教え。

「我、十有五にして学に志し、三十にして立ち、
四十にして惑わず。・・・」(論語)は、あまりにも有名。
孔子は、15歳から勉強を始めたという。

以前寺島実郎さんの講演を拝聴したとき、
先の論語を引き合いに出され、こう言われた。
「孔子は15歳から勉強を始めたが、私は25歳からで10年遅かった」
「もっと早くから勉強を始めておくべきであった」

私は30代後半からなのに(涙)!

勉強しなかった頃の自分

私は、新入社員の頃、暇があれば会社の独身寮でマージャンに浸っていた。
雲一つない秋晴れの日に、寮のテニスコートでテニスをしている仲間を
横目に見ながら、「今日は絶好のマージャン日和だ!」
とバカなことを言いながら、朝から暗いマージャン部屋に向かっていた。

当時、仕事はがむしゃらにやったが、学びに対する気付きができておらず、
読書や体系的勉強をほどんどしていなかった。だから、寮にいても、この
有様であった。

先日、約30年ぶりに、同じ寮に住んでいた先輩と会って食事をした。
失礼ながら、当時は、その先輩も「ポン・チー・ロン」仲間であって、
タダの人であった。

が、食事をして驚愕してしまった。
日本、中国、アジアの歴史をとうとうと語り、

心理学・哲学まで優しい口調で教えて頂いた。
ふんだんな書物とたくさんの人から学んだ匂いがするのだ。

その小柄な先輩は、とてつもなく大きな人と見えてしまった。

締め

勉強を始めるなら直ぐに。明日からではなく今から。
自分を成長させること、高めることは、自分の幸せでもある。
必ず自分に返ってくる。

Page 1 of 3123

トップページ | お問い合わせ | 会社概要