【講演】当たり前だけどなかなかできない幹部社員の仕事のルール(人材育成)

対象

幹部、リーダー


参考文献

「ついて行きたい」と思われる大きな器のリーダーになれ(古川裕倫、ファーストプレス)

講演の概要

現代流人材育成

「今求められる人材はとはなにか」。答えは、自分で考え行動できる人間である。過去は終身雇用制・年功序列制が一般的であったが、今は実力が求められる。過去のキャリアパスは、多少の前後はあれ、5年経てば課長代理、あと5年経てば課長への昇進などという分りやすいものであった。

今は、実力がもっと問われる時代であり、それは若手もよく分かっている。むしろ、若手は自分の実力を早く身に付けたいと願っている。自分のキャリア形成を入社した会社だけに求めているのではなく、若手全体の3分の2が転職も視野に入れていることはご存知の通り。

どう教えるか

「自分で考え行動できる人間になる」にはどうすればよいか。上司の指示待ちではだめであり、自ら意見を持ち、具申をすることが大切であることを教える。

例えば、部下は「次なにをしましょうか」と上司に聞くのではなく、「これには、A、B、Cの選択肢がありますが、私はAをやりたいと思います。理由はこうです」と上司に言う訓練をする。

反対に上司は部下に「これはこうしろ」と指示するのではなく、「君はどう思う?」と答えを求めること。部下に常に考えさせることが大切。

早く完成形を見せることも現代流。昔流の「黙って言われたことをやっていればよい」では、若手はついてこない。それで、自分のキャリアができるのかどうかが不安になるから。

次に行動を求める。理論ばかりの頭でっかちでは、経験不足で進歩しない。例えば、仕事を任せること。「まだ能力的に心配だ」と思うのが上司の心情であるが、「結果責任は上司が取る。遂行責任と報告責任は部下が持つ」、即ち、上司が結果責任を取るが、任せる条件として、部下は途中で投げ出すことなく、頻繁に報告をすることを明確にしておく。仕事の喜びを教えることも大切。小さな成功を継続的にさせ、自信を持たせる。

しっかり褒めて、しっかり叱ること、そのやり方。コミュニケーション能力を上げること。

モチベーションを与えること。自分は、誰かのメンターとなっているか。

トップページ | 会社概要 | プロフィール | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | メールマガジン