【講演】一生働く覚悟を決めた女性たちへ(女性社員の登用)

対象

男性向け管理職、女性社員


参考文献

女性(あなた)が職場で損する理由 ~賢くふるまう技術~(古川裕倫、扶桑社)
一生働く覚悟を決めた女性たちへ ~仕事を楽しむ技術~(古川裕倫、扶桑社)

講演の概要

少子高齢化時代を迎え、これからますます労働人口が減少していく日本。また、グローバル化で日本の会社も次第に変わってくる。

オーストラリアの外国人労働者は労働人口の27%、米国は17%、英国・独国も8%程度だが、わが国はわずか0.3%と断然低い。日本は早晩労働者人口不足となるにもかかわらず、海外からの労働者を積極的に受け入れるだろうか。むしろ、鎖国は続く。そういう環境下、いったいだれが働き手となれるだろうか。高齢者やフリーターなどの活用もあるだろうが、やはりここは女性の出番である。

就職試験や入社の時点では男性よりはるかに優秀な女性が、入社後伸び悩み、何年か経つと男性社員にいつの間にか抜かれてしまうように感じるのはなぜか。

産休や育児休暇などの制度を整備すれば、問題は解決するのであろうか。確かに女性が働くのにプラスの材料ではあるが、これですべては解決するとは言いがたい。

管理職における女性の割合は、米国で42%、オーストラリア、英国、スウェーデンなどでも30%台であるが、日本はわずか9%。

今回の不況で労働者需要が瞬間的に落ちているが、少子高齢化のわが国の人口構造を考えると2017年には100万人とも400万人とも言われる労働者不足になる。苦肉の策で、海外から労働者を日本に持ってくる前に、なぜ日本女性の職場での活躍をもっと期待しないのか。 

どの経営者に聞いても女性の活躍を期待しているのに、女性社員も自分たちを活用してくれない組織に対して不満を持っているというおかしな現象がある。

報酬や休暇制度対しての不満もあるが、仕事を任せてくれないなど仕事の進め方そのものへの不満も多い。

それでは男性と同じように仕事をするようになれば、問題は解決するのか。つまり、男女平等というのは、男性も女性もまったく同じ仕事をすべきという意味であるのか。答えは、NO。男性と女性の違いはそもそもたくさんあり、例えば体力面でも女性に男性と同じことを要求するのがおかしい。また、女性がそれに応えなければならないと思い込む必要もない。女性は、女性の得意とする部分をフルに活用して、会社に貢献すればよい。

本講演は、女性がどうすれば職場でもっと活躍できるかを説く。得意分野の活用を提唱し、女性が気付きにくいチョッとした工夫を伝授する。働く女性にとってやる気と元気がでる講座。

女性を使う立場の男性にも役立つ。「新しい案件が飛び込んできたとき、男性部下か女性部下のどちらに仕事を振るか?」と多くの男性上司に訊いてみた。答えは、お分かりと思う。「なぜこの仕事を私がやるのですか」、「その仕事の意義を説明してください」と質問が女性部下から来るのを想像すると、女性に頼むのがおっくうとなる。「ハイ、分りました」と愚直に動く男性部下に仕事を振りがちなのである。

自分の守備範囲にこだわる女性部下が多いのも事実。女性も積極性が必要。

新入社員時点で優秀ではない男性は、なんども経験を積むといつのまにか仕事ができる人になっている。これが冒頭の問題提起の答えの一つである。

職場での女性の登用・活用については、古川ひろのりが主催している「世田谷ビジネス塾」での大きな課題としている。

トップページ | 会社概要 | プロフィール | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | メールマガジン