古川裕倫の「いろどり徒然草」6月号

1日で目標金額を上回った老舗温泉旅館の
クラウドファンディングとホスピタリティ

5月30日まで1ヶ月半コロナウィルス禍で休業していた群馬県みなかみの
上牧温泉「辰巳館」が、5月30日にオープンした。開業100周年を記念
した300万円のクラウドファンディングを行なったが、なんと1日で予定
金額を達成、6月3日現在達成金額は736万円、支援者数が204名とな
った。

クラウドファンディングはこちら

私(古川)は、辰巳館に通ってもう30年になる。ここは、顧客を大切にす
るというホスピタリティが極めて高いからであり、私は日本一と思う。

昔から仲間と温泉に行くのが好きだったが、考えてみると、この頃の目的は
「飲み騒ぐ」ことだった。旅館に着く前から列車内で飲み始め、着いたらと
思ったらまた飲み、大騒ぎをして、下手をすると風呂もカラスの行水。食後
もカラオケ、その後部屋飲み。翌朝、ソクサカ帰っていく。これは、まさに
「疲れに来ている」ようなもの。

サラリーマン時代、取引先の偉い方からこう言われた。「疲れは、1日や2
日では取れませんよ。最低でも3−4日、できれば1週間ぐらいゆっくり休
むといい」。なるほど。

それ以来、癒しに行くことを目的として、1泊ではなく、3−4連泊する。
基本一人で行くが、たまには友達と一緒のこともある。友達は1泊で帰るが、
私はその前後も含めて3連泊はする。

「命の洗濯」とは、日頃のストレスや苦労から解放され、のびのび、ゆったり
、まったりすること。まさにサラリーマンに必要な非日常的行動である。

辰巳館では、部屋に(応接テーブルより背の高い)机と椅子を入れてくれる。
パソコン・スマホを使うので、マルチ電源と蛍光灯も。心温まるサービスであ
る。私は、今でいうリモートワークをしている。仕事をしたり、原稿を書いた
り、昼寝をしたり、散歩に出かけたり、温泉にドプーンも。

私は、ゆったり散歩派であるが、アクティブな人ならここを基地としていろん
なことに行ける。連泊する大きなメリットである。辰巳館さんから車で30分
の谷川岳もよし。麓から10分も軽い坂を登れば、有名な一の倉沢がバーンと
眼前に現れる。夏もよし。バスで90分で尾瀬にもいけるので、宿から日帰り
できる。ラフティングなどのアウトドアスポーツもできる。冬は、スキーやス
ノーシューに行け、宿が送り迎えしてくれる。

辰巳館は、今回の休業中に従業員研修を行なった。働く意味の再検討(私が担
当)、英会話、温泉や地元の勉強など。

縦軸に重要性を取り(上にいくほど重要)、横軸に緊急性(右にいくほど緊急)
を取ると、右上象限が、最も重要で急ぎ(重要顧客クレーム、人身事故、工場
ダウンなど)。左上象限は、重要だが緊急性は低い。こういう時こそ、戦略構
築と人材育成をすべきと思う。多くは、赤字をなんとかしようとコストカット
に走るが、今こそ先の2つを含めた社内活性化が重要と考える。

従業員の皆さんの意見を聞いて、やはり感心したは、お客様に対する心配り・
気配りである。長年かかって構築してきた企業文化である。

常連も多いが、本メルマガの読者の皆様にも、ぜひお出かけいただき、辰巳館
のホスピタリティを経験いただきたい。

予約の際に「古川のメルマガの読者」であることを伝えていただけると、「私
らしく」、(本年中に行かれる皆様に)夕食時1本「竹酒」(たけざけ、竹に
入った冷酒)を古川アカウントでご用意します!!!


メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」2020年5月号

逆境こそ未来を考えるとき

コロナウィルス被害のお見舞い申し上げます。
ただ嘆いていても何も起きないので、逆境のときこそ成長があると
信じて、前向きにポストコロナに備えて今できることをやっておく
のはいかがでしょう。

幕末の吉田松陰は、
「順境は怠(なま)けやすく、逆境は励みやすい」と言っています。
「境の順なるは怠(おこた)り易(やす)く、境の逆なるは励み易し」
飛行機が離(着)陸するときは、後ろからの風ではなく、向かい風
がいい。大きな浮力を得れるから。

今日は、逆境に生きた主人公の本を紹介させていただきます。
『大地』(パール・バック、岩波文庫)
既に読まれた方や著者名をご存じの方が多いと思います。
パール・バックはピューリッツァー受賞者。「大地」は、宣教師の父
の赴任に伴い中国を経験した近代化一歩手前の中国を舞台に描いた人
間物語。「大地」「息子たち」「崩壊した家」の3部作が4冊の文庫に
収められている。

第1部「大地」は、貧困のどん底から苦労・努力の連続で這い上がって
くる主人公を描く。主人公の終焉に至るまでを一気に読め、前向きの生
き方を教えてくれる。主人公と著者にありがとうと言いたくなる。
続2部は、主人公の次世代の物語。親が欲するとおり子供が生きるとは
限らない。それぞれの思いや生き方がある。激動の時代を生きた人々の
熱き思いを感じる。これらは、人生観、グローバリゼーション、ダイバ
ーシティ、親子の価値観、時代の変化、変わらぬ人の心などを教示して
くれる。

パール・バックは1960年に日本を訪れており、「つなみ」という童話を
書いています。その画像がユーチューブで見られます。
こちら↓

ちなみに、逆境を克服する書籍として、「逆境を超えてゆく者へ」
(新渡戸稲造、実業之日本社)と「回復力」(畑村洋太郎、講談社現代新書)
もお勧めです。


+———————————————————-+

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」2020年4月号

「ビジネスパーソンの幸福論」(その1)

40年以上働くのだから、仕事を楽しんで、幸福に働きませんか。

ブツブツ文句を言いながらイヤイヤ働いている人もいますが、
仕事を楽しめる人の方がずっといい。
そう思って、本書「仕事を楽しめる人は『忙しい』とは言わない」
~ビジネスパーソンのための幸福論~(古川裕倫、扶桑社)
を書きました。 

国内外の多くの経営者が「知の巨人」と呼ばれるドラッカーを
敬愛してやみませんが、ドラッカーの興味は、仕事を通じて人
がどう幸福になるかということであり、マネジメントとは人を
幸せにする組織の運営方法であるとしています。

経営や経済についてのみならず、人間的で哲学的なことも語る
ドラッカーには私(古川)は親しみを感じます。

「寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である」
「学問的な言い方ではないが、仕事ができる組織は仕事を楽しんでいる」

ドラッカーは、仕事の成果を上げることが最も大切なことであり、
それはどんな普通の人でもできるとしています。特別の才能を最
初から兼ね備えている必要はなく、成果を上げるための考え方や
習慣を身につければいいと言います。「成功する人間に必要な生
まれつきの能力などありはしない。ただ、あなたが成し遂げたい
ことに必要な能力だけを身につければいいのだ」というアドバイ
スは、読書のモチベーションを高めます。

人は誰でも強みを持っていて、成果はそこから生まれる。強みを
見つけるには、自分のできないことではなく、できることに目を
向け集中すればいい。

そして強みを最大限に活かすには、1番大切なことに集中しなけ
ればいけない。やらないことを決めて、やるべきことの優先順位
を決めよ。リーダーも最大の仕事は、目的を明確にして成果を出
すこととしています。

やり方さえつかめば誰にでも成果が出せるという教えは「複雑な
ものは大抵うまくいかない」という簡単かつ基本的な考え方を示
すと共に、「すべての偉大な成功は、地道で面倒なことの積み重
ねの上に成り立っている」というような普遍的な考え方も伝えて
います。

失敗を恐れず物事に挑戦することの重要性については、こう言っ
ています。「優れた者ほど、間違いは多い。それだけ新しいこと
を試みるからである」「成果とは常に成功することではない。そ
こには間違いや失敗を許す余地がなければならない」

イノベーションの大切さについては、こうです。「組織は常に進
化していかなくてはならない。砂漠では教養など何の役にも立た
ない」

失敗を恐れず挑戦することを推奨するドラッカーは、組織を変え
ていこというビジネスパーソンの背中をグイと押してくれます。

自分を高める重要性についても触れています。「人間は、自らが
望む将来の大きさに合わせて成長する」と高い志を持つことを勧
め、「教養ある人間は、勉強し続けなければならないということ
を自覚している」と勉強の大切さも説いています。

そして企業の存続目的には、社会に貢献しないといけないとも主
張しています。「事業とは何かを問われると、たいていの企業人
は利益を得るための組織と答える。この答えは間違いだけではな
く、的外れである」「企業は社会や経済の許しがあって存在して
いるのであり、有効かつ生産的な仕事をしていると見なされてい
る限りにおいて存続を許されているに過ぎない」

「仕事を楽しめる人は『忙しい』とは言わない」では、ドラッカ
ー以外に、アラン、ラッセル、ベンジャミン・フランクリン、渋
沢栄一、福澤諭吉などの先人の幸福論もご紹介し、私が思う働き
方・生き方について書かセていただきました。


【お知らせ】

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

2.女性幹部養成プログラム「立志塾」5月度無料見学会
一流ロールモデルと考える「自分らしいキャリア」と「マネジメント」

2020年5月の第13期立志塾開講にあたり、午後の部を無料でご見学いただけます。

[日時] 2020年5月9日(土)13:00~17:00
[会場] ウィン青山2階E(青山一丁目駅より徒歩1分)
[主催] 一般社団法人彩志義塾
[内容] 1.課題図書から考える、「働く」ということ
       「かもめになったペンギン(J・コッター)」
     2. エキスパートから学ぶ、組織運営の基礎知識
       「財務諸表」
     3. 会社役員・ロールモデルとの意見交換
       外資系金融機関役員

 ▼ご見学お申込み
  https://saishi.or.jp/201912192677.html
 
 ▼「立志塾」受講者の声
  http://saishi.or.jp/risshijuku-voice.html

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

リーダーには行動力と人間力が必要

リーダーには行動力と人間力が必要

一般社団法人彩志義塾主催する女性活躍推進の
「立志塾」。
女性管理職や女性役員を目指すオープンセミナー。
書物から学び、ロールモデルから学び、
自分や組織の変えていく必要性を考える。

立志塾は半年(6回)がワンクール、おかげさまで、
現在12期で、丸6年継続している。基本毎月第2
土曜日10:00~17:00。
塾生には申し訳ないが、結構ハードな内容である。

毎期7-9名と少数であり、議論がしやすい。
異業種交流型オープンセミナーのため、他社から学
べることも多い。参加初回にほとんどの塾生が感じ
ることは、「悩んでいるのは私だけではなく、皆そ
れぞれの課題や悩みを持っている」こと。

当初自分のキャリアについて戸惑いがあっても、講
座の3回、4回目となると、ぐっとギアが入って、
ほとんどの参加者が、前向き人間と変化していく。
回を重ねるたびに、目の輝きが変わってくる。人は
変わらないというが、気づいていないことに気づく
ことも大いにあると私(古川)は思っている。知ら
ないことは、自分で他人や書籍から学んで初めてわ
かることであり、勝手に気づくことはほとんどない。

立志塾卒塾生で、管理職に登用された人、部長に昇
進した女性、執行役員に推挙された塾生も多く、こ
れらの朗報を受ける時が主催者の至極の幸せである。

【課題書】
月1冊。課題書を読み「読書メモ」を事前に提出し
てもらう。本から学んだ内容をリストし、その中の
何をいつまでに自分の職場で実践するかも書き、塾
で議論する。

現在の課題書は、次の通り。
・「LEAN IN](’シェリル・サンドバーグ)
  ・・・女性活躍推進の概要の理解
・「カモメになったペンギン」(ジョン・コッター)
  ・・・自分や組織を変えていく
・「生産性」(伊賀泰代)
  ・・・ 生産性を高めることの理解
・「渋沢栄一100の訓言」(渋沢健)
  ・・・歴史上のリーダーシップ
・「ザ・ラストマン」(川村隆)
  ・・・現代のリーダーシップ
・「仕事を楽しむ人は忙しいとは言わない」(古川裕倫)
  ・・・仕事の喜び・幸福論

【専門性講義】
コミュニケーション講座、プレゼンテーション講座、
「取締役会とは」、「M&Aとは」、「管理会計とは」
、「事業計画とは」などを専門家から学び、質疑応
答する。今すぐ必要ではなくても、将来活用できる
よう、また新聞記事などの理解が高まるよう学ぶ。

【プレゼンテーション】
・初回:入塾前の過去のモチベーションライン(辛
かった時、ウキウキした時)を準備して、自分の
SWOT分析と共に、自己紹介をする。

・2回目、3回目:課題書「生産性」と「渋沢栄一
100の訓言」を読み、自分や自分の会社を変えて
いくためのプレゼンをそれぞれ行う。単に塾で練習
するだけ終わることなく、実際に自分の職場で実践
していただきたいと申し上げている。

・最終回:自分の将来を「ワークとライフ」に分け
て描き、プレゼンする。 

【ロールモデルから学ぶ】
毎回、(上場会社も含た)女性役員をお招きして、
自分のキャリアや仕事に対する考え方を語っていた
だく。これが立志塾の一番の「ウリ」であり、塾生
が最も大きな影響を受けている。

【塾生にどんなことを申し上げているか】
・高い志を持つ
・行動する(知行合一)
・コンフォートゾーンから脱却する
・信頼される人となる
・ヒューマンスキルとテクニカルスキル
・自己開示ができる人となる
・失敗を恐れず挑戦する
・具申・提案する、実現させる
・自分で考え行動できる人となる
・「来た船に乗る」(幸せの女神には後ろ髪がない)
・「仕事から学ぶ」「人から学ぶ」「書物から学ぶ(ビジネス書、自己啓発書、歴史書、伝記など)」
・メンターを見つける(メンターとなる)

塾生、専門家、ロールモデルの皆さんのおかげで、
この塾が継続しており、心から感謝している。
来春(2021年)から「みちのく立志塾」が始
まることも大きな楽しみである。


【お知らせ】

1.第13期(2020年4月開講)立志塾の申込み受付を開始しました。

 ▼第13期の詳細・お申し込はコチラ
  https://saishi.or.jp/risshijuku/apply.html
    (〆切:3月6日(金)まで)

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 
 ▼「立志塾」受講者の声
  http://saishi.or.jp/risshijuku-voice.html

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

阪急とタカラヅカを創った小林一三の講演会のご案内

阪急とタカラヅカを創った小林一三の講演会のご案内

大阪と東京で、小林一三に関する講演会を行います。
どちらも阪急文化財団小林一三記念館仙海(せんかい)館長に
ご登壇いただきます。

私は、「世田谷ビジネス塾(無料読書会)」を2008年から
毎月1回駒澤大学大学会館246で行なっております。
また、大阪府池田市で姉妹塾「石橋読書会(無料読書会)」を
2018年から毎月1回行っています。
(世田谷ビジネス塾と石橋読書会については次回メルマガで紹介予定)。
両読書会の特別イベントとして年に1~2度、特別講演会を行なっております。
どなたでもご参加いただけますので、奮ってご参加ください。

【大阪府池田市での講演会】
日時:2020年3月11日(水)18:30開場 19:00〜21:00
場所:池田市石橋1丁目22−15 TMビルB1 TMホール
演題:「池田を愛した小林一三の偉業~地元を応援し街の将来を考えた男~」
講師:公益財団阪急文化財団理事 小林一三記念館館長 仙海義之氏
主催:石橋読書会、小林一三ファンクラブ、東京池田ウォンバット会
後援:池田市
申し込み: https://kokucheese.com/event/index/585436/ 
(紹介者の欄に彩徒然草と描いてください)

【東京都世田谷区での講演会】
日時:2020年3月21日(土)15:30開場 16:00〜18:00
場所:駒澤大学大学会館246
演題:「阪急とタカラヅカを創った小林一三の偉業~東急グループ創始者五島慶太を教えた男~」
講師:公益財団阪急文化財団理事 小林一三記念館館長 仙海義之氏
主催:世田谷ビジネス塾、小林一三ファンクラブ、東京池田ウォンバット会
後援:池田市
申し込み: https://kokucheese.com/event/index/584820/
(紹介者の欄に彩徒然草と描いてください)

【小林一三について】

私(古川裕倫)の最も尊敬するビジネスパーソンが小林一三である。
現在の経営者やビジネスパーソンにとって参考になることが多い。
例えば、一三の残したこんな言葉がある。
「金がないから事業ができないという男は、金ができても事業ができない」 
一三の燃える情熱と高い行動力が偉業を成就させた。

我々なら、「志や行動力がないこと」を「金がないから」と言い訳してしまう。
憧れることや想いを巡らすことは誰にでもできるが、それを行動に移す決断力と勇気が必要である。

小林一三は、明治6年(1873年)、今の山梨県韮崎市に生まれ、
慶應義塾で学んだ。慶應義塾では福沢諭吉の考え方に大いに影響を受ける。
福沢諭吉の功績は教育者として偉大であるが、一三は事業家として功績が大きい。福沢諭吉は、塾生に事業家を目指すよう勧め、それを一三は行動に移した。 
 

三井銀行でサラリーマンをしたあと、明治・大正・昭和と電鉄事業(現在の阪急電鉄)を基軸として多くの事業を興した日本を代表する起業家である。
 

電鉄沿線の住宅地開発や街づくりは、その後の多くの電鉄のロールモデルとなった。当時は他には見られないターミナルデパートを作り、沿線終点に宝塚新温泉を開業させ、そこに女性のみで演じる宝塚歌劇を創立し、電鉄利用客の需要を拡大した。リゾートホテルや都市型ホテルも建設し、電力事業も行い、電鉄以外の収入も増やした。
 

その後、映画や演劇事業に進出、東宝(東京宝塚が語源)を設立し、コマ劇場を作った。
 

沿線事業の一つとして宝塚線の豊中に運動場を作り、外国のチームを招聘したり、現在の高校野球の原点である全国中等学校優勝野球大会を開催したりした。
 

また、プロ野球の原点である職業野球として宝塚運動協会を作り、のちの阪急ブレーブスを保有した。
 

大正末年、当時の東京の財界から声がかかり、東京田園調布の都市開発と鉄道整備に注力し、現在の東急の立ち上げに協力した。
 

さらに当時電力会社が乱立する中、東京電灯(現東京電力)の立て直しにも協力し、電力需要を増やすために、昭和肥料(現昭和電工)や日本軽金属などアルミニウム製造会社を支援した。
 

当時は、一三の会社も自家発電で電車や沿線に電力を供給しており、電鉄会社と電力会社の根本は同じであった。
 

その後、経営の手腕を買われ、昭和15年(1940年)には、第2次近衛内閣の商工大臣となり、戦後は戦災復興院総裁になった。

 
脱サラ人間が、電鉄会社を始め、その後多種多彩な事業を成功させた。
 

確かに鎖国から解かれた明治という新時代という背景はあったにせよ、
これほどまでに変化に対応し、新規ビジネスを構築するという結果を残した人間は稀有である。
単なる強運ではこれほどのことができる訳がない。
それなりの才能と努力があったから成功したのである。
以下が一三の成功の要諦であると私(古川)は思う。

1、若い頃から小説や芝居を愛し、慶應時代には小説を書いた。
  事業を始めてからは、自分でパンフレットやポスター作り、
歌劇の歌まで作詞し、大衆の心をつかんだ。
企画力・創造力が高い。

2、先輩や先人の教えに耳を傾け、
「人から学ぶ」ということを実践してきた。

3、一三は、「書物から学ぶ」ことを実践した。膨大な読書量から、
ビジネスに活用できる多くのヒントを得た。

4、何ごとにも興味を持ち、「なぜ、そうなっているのか」を考え抜き、
「どうなるだろうか」と先を読んでいる。

5、調査できる部分は徹底的に行い、一旦やると決めたら脱兎のように行動する。
スピートと行動力が素晴らしい。

 


【お知らせ】

+———————————————————-+
 
※第13期(2020年4月開講)立志塾の申込み受付を開始しました。
  
 ▼第13期の詳細・お申し込はコチラ
  https://saishi.or.jp/risshijuku/apply.html
    (〆切:2月28日(金)まで)

+———————————————————-+

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

トップページ | 会社概要 | プロフィール | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | メールマガジン