古川裕倫の「いろどり徒然草」2019年4月号

竜馬に学ぶビジネスの要諦(第10回)

=============================
竜馬に学ぶビジネスの要諦(第10回)
=============================

■竜馬のリーダーシップ(その1)
これまでに、竜馬の大きな志、高い人間力、そして並外れた行動力などをご紹介してきた。目先の小事にとらわれることなく、竜馬のそうした能力が幕臣勝海舟や西郷隆盛、桂小五郎、高杉晋作など雄藩の重鎮を動かした原動力となった。今回は、竜馬の部下に対する指導力、すなわちリーダーシップについて見てみたい。

一介の脱藩浪士がこれらの人々の心を動かすことは大変なことである。大きな事を語るだけではただのホラ吹きだが、竜馬は時流を読んで日本のあるべき姿を考え、人を説得する力を持ち合わせていた。

実力のある薩長がいがみ合っているときではない。徳川幕府を支持するかしないかの問題でもない。竜馬が考えたことは、どのように国の自主独立を守るか、であった。それを論じ、薩長同盟を実現させ、後の大政奉還に導いたのである。

繰り返しになるが、初対面の人間に信頼され、重鎮を説得できたのは、竜馬の人間力が相当高かったからに違いない。他人に信頼される人柄、いい笑顔、人に対する優しさや情熱がそろっていたのだろう。

今流に言うと、他社のトップを自在に動かす人間力あふれる実力者ということになる。今回は、竜馬の部下に対する指導力、すなわちリーダーシップについて見てみたい。

■「四万十川の堤防工事で発揮した竜馬のリーダーシップ」

竜馬が18歳のとき、四万十川の堤防工事を手伝うことになった。工事を10区ほどに分け、竜馬はその一区の長を担当した。ほかの区では人夫が怠けもののため工事がはかどらなのだが、竜馬の区はばかに早く進む。普請奉行の池田虎之進が見に来ると、竜馬はいつも松の木の下で膝(ひざ)を抱えて居眠りをしている。

他の区より、半分の日数で仕あがってしまった。池田虎之進がくわしく訊くと、竜馬はまず仕事の責任者を巧みにえらび、それぞれ分掌させ、競争させた。
「あとはなにもせぬのか」
「毎日出来ぐあいを検分して、褒美をやります」
『竜馬がゆく』(司馬遼太郎、文春文庫、三巻134頁)
 
ピーター・ドラッカーは、リーダーの一番の仕事は、「目標を明確にして成果を上げること」だと言っている。

竜馬は、仕事の責任者を適材適所で選び、彼らに任せて競争させた。日々その結果を検証し、評価して褒章をやっている。そして、成果を上げた。

適材適所の人事をするには人を見る目が必要である。人はいいところもあればそうでないところもある。十把一からげで人を見ないで、よいところを見つけてそれを引き出す。そして、任せる。任せっぱなしではなく、結果を検証する。

言うまでもなく、公正な評価をすることはリーダーの大切な仕事である。えこひいきや好き嫌いで人を評価すれば、それこそ部下からの不信を買ってリーダー失格となってしまう。

褒美をやるといっても金品だけではなかったはずだ。「よくやってくれた」と言って、心からの感謝の念が竜馬の顔にあふれていたに違いない。これこそが人間力である。

いくら頭がよくても知識があっても、人間力が少ない人には部下はついてこない。

たしかに、『竜馬がゆく』にある上記3点は大切であるが、物語全体に散りばめられている竜馬の高い人間力があることが大前提である。毎日居眠りをしている普通の上司には部下は付いていかないからだ。

■「本当に龍馬は居眠りをしていたのだろうか」 

先ほどの続きであるが、竜馬が担当した工事の場所は、今でも「竜馬の居眠り堤」として語り継がれている。

竜馬が本当に居眠りをしていたかどうか、私は極めて疑問に思っている。現場に張り付いて部下にアレコレと言うことはなかっただろう。むしろ、部下に任せたら、仕事が済むまで待っていいたのではないか。

私が若いころ、お世話になった上司がいる。あるとき私が任せられた仕事をしていると、どうもその上司の様子がおかしい。何もしないでボーッとしているが、チラチラとこちらを見ている気配がする。私は思い切って聞いてみた。

「私の仕事が遅いのでしょうか」
「その通りだ。でも、待つのも仕事だ。ワッハッハ」

仕事が遅いと全面肯定されたのは辛(つら)かったが、「待つのもの仕事」だと聞いてとても嬉しかった。「ようし、効率を上げてやるぞ」と心に誓った。恥ずかしながら、私は決して優秀な社員ではなかったが、がむしゃらに仕事をするようになったのは、この上司のおかげである。

話を戻すと、居眠りをずっとしている上司に部下はついてはいかない。任せた以上、アレコレ言わずに寝たフリをしていただけだと私は思う。

部下に任せたら、しっかり任せることが大切だと思う。


【お知らせ】

1.女性幹部養成プログラム「立志塾」5月度無料見学会
一流ロールモデルと考える「自分らしいキャリア」と「マネジメント」

2019年5月の第11期立志塾開講にあたり、午後の部を無料でご見学いただけます。

[日時] 2019年5月11日(土)13:00~17:00
[会場] ウィン青山2階E(青山一丁目駅より徒歩1分)
[主催] 一般社団法人彩志義塾
[内容] 1.課題図書から考える、「働く」ということ
       「組織改革」
     2. エキスパートから学ぶ、組織運営の基礎知識
       「財務諸表」
     3. 会社役員・ロールモデルとの意見交換
       シンコム・システムズ・ジャパン株式会社
       マネージング・ディレクター 石村弘子氏

 ▼ご見学お申込み
  https://saishi.or.jp/risshijuku/muryo-kengakukai.html
 
 ▼「立志塾」受講者の声
  http://saishi.or.jp/risshijuku-voice.html

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」2019年3月号

竜馬に学ぶビジネスの要諦(第9回)
~成長するための気づきと学び その3~

=============================
竜馬に学ぶビジネスの要諦(第9回)
ー成長するための気づきと学び その3-
=============================

 前回は、竜馬が自分な大きな浪漫(ロマン)を実現するために勉強し、自分を磨き高めることが必要だと気づいたこと、すなわち竜馬の「気づき」について紹介した。今回は、どうやって学んだらよいかについて説明する。

第9回 成長するための気づきと学び(その4)

 自分を高める方法は次の三つだ。

・仕事から学ぶ
・人から学ぶ
・書物から学ぶ

●仕事から学ぶー拘束時間の長い会社で学ばない手はない

 1日に8時間も10時間も会社で拘束されているのであれば、その間に学ばない手はない。いやいや働くのも、自分のために学びながら働くのも、会社に長時間拘束されている点では同じだ。であれば、学びながら働くほうが有益ではないだろうか。

 分析力、理解力、説明力、判断力、決断力などの能力はすべて会社で学ぶことができる。仕事の意味を考え、自分で調べ、分からないことは上司や部下に聞くことによって、ますます自分の能力が上がる。いろいろな顧客に会えば、説明力も上がる。敬語も上手になって国語力も上がる。クレーム処理は、逃げていないで、問題解決のスキルを上げる最たるものだと思って前向きに取り組めばよい。

●人から学ぶーメンターを見つけ、その人から学ぶ

 竜馬のメンター(助言者)が勝海舟であったことは、多くの説明を必要としないだろう。勝海舟から学んだことは、その後の竜馬の生き方を大きく変えた。そもそも、竜馬が「開国派の勝はけしからん」と思って斬りに行ったにもかかわらず、面談した勝海舟に海外事情を説かれ、逆にその場で竜馬は弟子入りしてしまった。

 私は若い人には、「自分があの人のようになりたいと思う心の恩師」すなわちメンターを見つけて、まず真似(まね)ろと申し上げている。そういうメンターを見つけて、観察し、自分からアプローチすることが大切である。例えば、会議でどんな発言をするのか、部下にどんな振る舞いをするのかをよく見てその人から学ぶ。メンターと親しくなっていろんな意見を聞けばよい。

 職場には尊敬できない上司もいるだろう。しかし、「上司に恵まれない」と腐っていないで、反面教師として「自分は将来あのようにはならい」という学び方もある。
 
 私はトップやリーダーには、「自分のことをメンターだと思ってくれる部下や後輩をたくさん育てることが大切だ」と申し上げている。自分を育ててくれたメンターがいるのなら、自分も後輩にそのお返しをして当たり前である。多くの若手から慕ってもらえるような大きな器のトップやリーダーになって欲しい。

 私にはメンターが3人いるが、そのうちの1人の座右の銘に高杉晋作の辞世の句がある。

「おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなすものは心なりけり」

 おもしろいこともない世の中だが、おもしろいと思うかそうでないかは、自分の心の持ちようだ、という意味。

 この辞世の句の解釈を借りれば、仕事から学ぶことも人から学ぶことも、自分の心の持ちようである。学ぼうという気持ちがなければ何も学べないが、思いがあればいくらでも学べる、と言える。

 紙面の関係で、3番目の書物から学ぶは次回にご紹介する。

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」2019年2月号

竜馬に学ぶビジネスの要諦(第8回)
~成長するための気づきと学び その2~

=============================
竜馬に学ぶビジネスの要諦(第8回)
~成長するための気づきと学び その2~
=============================

●人を説得するにはそりなりの知識や教養がいる

江戸で勝海舟に学び、多くの人から影響を受けて、次第に学問の必要性を感じるようになった。特に人を説得するときは、学問の大切さを語らなければならないと考えた。自分が理解するには、聞く耳と柔軟な頭脳があればよいが、人を説得するにはそれなりの知識や教養がいる。

ましてや天下を動かそうなどという大きな浪漫(ロマン)を持っているのなら、要人を動かすのに高い説得力が必要となる。そのことに竜馬は気づいたのだ。

勝海舟の建言によって幕府が造った海軍士官養成機関である神戸操練所。そこにいたころの竜馬は猛烈に勉強した。

「神戸塾にきてからは、暇さえあれば御本をお読みになっているご様子でした」(五巻335頁)

竜馬は、直接だれかに言われたわけでもなく、自分で学問の必要性に気づいたのである。そして、それを行動に移し、本を読みまくった。多くの人の意見にも耳を傾けたことであろう。自分自身を磨き高める必要性に気がついたのだ。

私(古川)は、この気づきが人間の成長に非常に大切だと私は思っている。もちろん仕事の上でも同じである。

「自分が成長するための三つの「気づき」」

 私は講演や研修を通じて若手には次に挙げる「気づき」を勧めている。また、経営者やリーダーには自分の部下にそれらの「気づき」を与えるように話をしている。

・まず、自分を磨き高めること。
・そして、組織に貢献すること。
・そうすれば、必ず自分に結果が戻ってくる。

滅私奉公せよと言っているのでは決してない。自分を磨き高めて、組織に貢献すると、自然と自分に返ってくる。つまり、給料やボーナスが上がり、昇進もして、もっと大きな仕事がついてくる。

この点に気づくと人は一気に成長する。だれのために働いているかよく分からないようでは働く意欲がわかない。「会社のために働け」「上司の言う通りに働け」と言っても、社員のモチベーションは上がるはずがない。そうではなく、会社に貢献しながら、その結果、自分のためになると心得ていれば、だれしもやる気が出てくる。

では、どうやって自分を磨き高めるか? 答えは三つ。

・仕事から学ぶ。
・人から学ぶ。
・書物から学ぶ。

この詳細は、次回に譲りたい。 

繰り返しであるが、自分を磨き高めて、組織に貢献して、自分に返ってくる喜びを感じ、また自分を磨き高めるという正のスパイラルを作り上げていただきたい。

天下を動かしたいという大きな浪漫を持っていた竜馬は、自分を磨き高める必要性に気づいていたに違いない。


【お知らせ】

1.″自己満足″で終わらせない!
Employer brandingの視点で考える、これからのダイバーシティ推進
~社内も社外も味方につける、「働きやすい職場作り」の魅せ方と採用戦略~
「第6回 女性活躍推進企業情報交換会」

[日時] 2019年2月26日(火)15:00~17:00
[会場] ウィン青山2階E(青山一丁目駅より徒歩1分)
[主催] 一般社団法人彩志義塾
[内容] 14:30 開場
     15:00 株式会社Clarity古谷聡美代表取締役CEO 講演
     16:00 質疑応答
     16:30 参加者交流会
     17:00 終了 

 ▼詳細・お申込み
  https://saishi.or.jp/201901252365.html

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

2.女性幹部養成プログラム「立志塾」2月度無料見学会
一流ロールモデルと考える「自分らしいキャリア」と「マネジメント」

2019年4月の第11期立志塾開講にあたり、午後の部を無料でご見学いただけます。

[日時] 2019年2月9日(土)13:00 ~ 17:00(受付12:45~)
[会場] ウィン青山2階E(「青山一丁目」駅5番出口より徒歩1分)
[主催] 一般社団法人彩志義塾
[内容] 1.課題図書から考える、「働く」ということ
       「経営哲学」
     2. エキスパートから学ぶ、組織運営の基礎知識
       「役員・取締役・取締役会」
     3. 会社役員・ロールモデルとの意見交換
       株式会社日立ソリューションズ 常務執行役員
       富永由加里氏

 ▼ご見学お申込み
  https://saishi.or.jp/201901152305.html
 
 ▼「立志塾」受講者の声
  http://saishi.or.jp/risshijuku-voice.html

+———————————————————-+
 
※第11期(2019年4月開講)立志塾の申込み受付を開始しました。
  
 ▼第11期の詳細・お申し込はコチラ
  https://saishi.or.jp/apply.html
    (〆切:2月28日(木)まで)

+———————————————————-+

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」201812月号

竜馬に学ぶビジネスの要諦(第6回)

こんにちは、古川裕倫です。

2018年、立志塾は第10期を迎えました。そんな節目の折、昨年の立志塾初の執行役員誕生に続き、今年も卒業生からたくさんの朗報が届きました。

つい先日も、流通系企業の女性から部長昇進の一報が。立志塾での学びを糧に、各方面でさらなる奮闘・活躍をとげる女性たちの姿には、私自身も大いに勇気づけられ、また本当に嬉しい限りです。

来年5月には新元号になりますが、立志塾メンバーにはより一層、爽やかに、たくましく、新しい時代を切り開いていっていただければと願います。今年も素晴らしい1年をありがとうございました。

=============================
竜馬に学ぶビジネスの要諦(第6回)
=============================

●桂小五郎は吉田松陰から行動力を学んだ

話を再び薩長同盟に戻そう。長州の代表を務めた桂小五郎は、17歳のときに故郷の山口県萩で3歳年上の吉田松陰を知った。

松陰は「実行する」ことについて、こう言っている。

「学問も大事だが、知ってかつ実行するのが男子の道である。詩もおもしろいが、書斎で詩を作っているだけではつまらない。男子たる者は、自分の人生を一編の詩にすることが大事だ。楠木政成は一行の詩も作らなかったが、かれの人生はそのまま比類のない大詩編ではないか」

1853年(嘉永6年)、アメリカの黒船4隻が浦賀に来航、ペリーは翌年に再び来航した。松陰は、艦隊が下田に停泊しているときに、これを見に行った。もともとは尊皇攘夷思想であったが、列強の力を理解し、外国に興味を持っていた。

松陰は、夜密かに黒船に向かって小舟を漕ぎだした。そして、沖に停泊する黒船に近づき、アメリカに連れて行ってほしいと交渉した。鎖国政策をとり、外国に行くのは国禁だった時代である。言葉も通じない。結局は、中国出身の乗組員と漢文でやりとりをしたという。

ペリー側の記録にも、松陰は、命を顧みず、国法を破ってまで知識を広めようとした教育ある日本人として記されている。しかし、法を破ることに対して協力はできないとペリー側は拒否した。

この試みが発覚した松陰は捕らわれの身となり、投獄されてしまう。

なんという行動力であろうか。私は、松陰の桁外れの行動力に感心するばかりである。行動力を語る際に、彼以上の人物は思いつかな
い。

私は、自分が行動せずウジウジしていると感じるとき、松陰の黒船行きを思い出すよう心がけている。生意気ながら、松陰に少しでも近づきたいと思っているのだ。

松陰は、1859年(安政6年)、安政の大獄が始まった翌年に処刑されてしまうが、それまでは故郷・長州萩の松下村塾で数々の志士に講義をした。桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山縣有朋などはいずれも門下生である。

松陰が教えたのは行動することだ。知っていても行動しないのであれば、知っていることにならない。本当に知るということは、必ず実行を伴うものである。これを「知行合一(ちこうごういつ)」と言う。

●竜馬は様々な才能を併せ持っていた

竜馬は、高い志を抱き、人間力と行動力を持って、一事を成した。後世の人々が惚れるはずである。当時の女性に大いにモテたはずだし、今の女性にもモテル。

竜馬は、学ぶこと、人を育てること、部下のモチベーションを上げること、人とうまくコミュニケーションすることなど、様々な才能を併せ持っていた。

今回は竜馬の行動力を説明するのに長編小説『坂の上の雲』の文章まで引用した。司馬遼太郎作品には絶好の引用例が山ほどあり、ビジネスパーソンにとって非常に大切なことが大変わかりやすく書かれている。仕事に対する考え方やビジネススキルを読み取りながら、痛快な司馬小説をエンジョイしていただきたい。

次回のテーマは、竜馬の「気づきと学び」について。


 
【お知らせ】

女性幹部養成プログラム「立志塾」1月度無料見学会
一流ロールモデルと考える「自分らしいキャリア」と「マネジメント」

[日時] 2018年1月12日(土)13:00 ~ 17:00(受付12:45~)
[会場] ウィン青山2階E(「青山一丁目」駅5番出口より徒歩1分)
[主催] 一般社団法人彩志義塾
[内容] 1.課題図書から考える、「働く」ということ
       「リーダーシップ」
     2. エキスパートから学ぶ、組織運営の基礎知識
       「投資・M&A」
     3. 会社役員・ロールモデルとの意見交換
       株式会社バンダイ 執行役員
       村瀬和絵氏

 ▼ご見学お申込み
  https://saishi.or.jp/201811262301.html
 
▼「立志塾」受講者の声
  http://saishi.or.jp/risshijuku-voice.html

+———————————————————-+
 
※第11期(2019年4月開講)立志塾の申込み受付を1月14日に開始します。
  
 ▼第11期の詳細・お申し込はコチラ
  https://saishi.or.jp/apply.html
    (〆切:2月28日(木)まで)

+———————————————————-+

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

古川裕倫の「いろどり徒然草」2018年 8月号

竜馬に学ぶビジネスの要諦(その5)
―薩長を動かした竜馬の圧倒的な行動力―

司馬遼太郎ファンや歴史好きの方々から、このメルマガに「いいぞー」「オゥー」などと励ましの声を寄せていただきありがとうございます。このシリーズは長くなると思うので、途中には時事ネタも交えたいと思いますが、今日も竜馬でお付合いください。

その前に「最近どんな本を書いているのですか?」という問合せをいただいたので、チラッと説明させてください。本音は買っていただきたいですが、書店での立ち読みでも構いません。

本年1月「あたりまえだけどなかなかできない 60歳からのルール」(明日香出版)外人の顔写真の装丁。拙著「51歳からのルール」の続編。

本年2月「20代 仕事の原則 10 年後、後悔しない生き方」(日本能率協会MC)ヒット作「他者から引き抜かれる社員になれ」の改訂版。20代というタイトルであるが、40代まで納得いただけると思う。

本年秋予定「(仮)バカ上司の取扱説明書」(SBクリエイティブ)

=============================
竜馬に学ぶビジネスの要諦(その5)
―薩長を動かした竜馬の圧倒的な行動力―
=============================

これまで、竜馬の「志の高さ」を取り上げ、「人間力の大きさ」について述べた。今回と次回は、竜馬の「行動力」について取り上げたい。

「竜馬がゆく」には、竜馬が薩摩と長州を結びつけようとしているところが描かれている。敵対していた薩摩藩と長州藩が締結した政治的・軍事的同盟として有名な薩長同盟だ。犬猿の仲だった両藩が手を結ぶことによって、倒幕への大きな力となり、その翌年1867年(慶応3年)に江戸幕府(徳川幕府)が終焉を迎える。

薩長のどちらにも頼まれていないのに、一介の土佐藩からの脱藩藩士が両藩を動かした。日本のためという遠大な志を立て、多くの人を引っ張っていける大きな人間力を持って事に当たった。

もう一つの大事な要素がある。それを成し遂げる「行動力」だ。竜馬は圧倒的な行動力を持っていた。

現代の会社には、業界知識や前回紹介したような左脳的なスキル、すなわち知力の高い人はたくさんいる。だが、知力に加えて必要なのは行動力である。「わかっていてもできない」「知っているがやらない」といった問題は、どの職場にも転がっている。行動力がないのだ。

●行動力の原点は現場主義にある

司馬遼太郎さんは『竜馬がゆく』(文春文庫)の中で当時の人物とその現場主義について、こう書いている。

「吉田松陰も、清河八郎も西郷隆盛も桂小五郎も、そして坂本竜馬も、しきりと諸国を歩き、土地の見どころのある人士と会い、中央地方の情勢を伝播し、全国の同志を一つの気分と昴奮に盛りあげていっている。要するに、史上名を残した志士というのは、足で取材し、足で伝播した旅行家ばかりということになる」

江戸末期の日本の人口は約3400万人。85%が農民であり、残りが武士と町人だった。当時「国」とは、日本国という意味ではなく、藩を指した。藩の中に生まれ、藩から離れることなく一生を過ごした人間がほとんどだった。

ほんのわずかな人々が藩を越えて、自分の目で他国を見て歩いた。今のように交通手段は発達していなかったから、自分の足で旅をしたのである。

竜馬は、行動力の原点は現場主義にあるとして、こう語っている。「諸事、この眼で見ねばわからぬ」「現場を見たうえで、物事を考える。見もせぬことをつべこべ言っているのは、いかに理屈がおもしろくても空論にすぎぬ」

薩長同盟を締結した薩摩側の当事者である西郷隆盛も現場主義を重んじた。「藩士を動かして情勢はできるだけあつめ、みずから出かけて行って、会うべき要人はすべて会い、それを判断の材料とした」

日露戦争で児玉源太郎も現場主義を重視した。

時代は下って1900年代初め。日露戦争で、中国・遼東半島南端に位置する旅順の203高地をいつまでも陥落できない第3軍の乃木希典軍司令のところに、満州軍総参謀長児玉源太郎が乗り込んでいった。現場の視察を終えた児玉は、乃木の参謀に対してこう叱咤した。

「第一線の状況に暗い参謀は、物の用に立たない」

「参謀は、状況把握のために必要とあれば敵の堡塁まで乗りこんでゆけ。机上の空案のために無益の死を遂げる人間のことを考えてみろ」(司馬遼太郎『坂の上の雲』文春文庫から)

参謀は第一線に赴いて状況を的確に把握すべきなのに、それを行っていない。戦況を表す地図が前線からの報告だけによって作成されているため、実際と違っている。そんな参謀に対する、現場主義の児玉の怒りであった。ここでも行動の原点である現場主義の重要性が語られているのである。

会社という組織においても、トップと末端営業、開発と営業、本社と工場などギャップの問題はいくらでもある。問題解決に必要なことは、現場をしっかりと知ることなのだ。


【お知らせ】

(増枠 今期最終回)
女性幹部養成プログラム「立志塾」8月度無料見学会
一流ロールモデルと考える「自分らしいキャリア」と「マネジメント」

[日時] 2018年8月4日(土)13:00 ~ 17:00(受付12:45~)
[会場] ウィン青山2階E(「青山一丁目」駅5番出口より徒歩1分)
[対象] 女性活躍推進ご担当者様、人事・経営者の方
[内容] 1.課題図書から考える、「働く」ということ
       『ザ・ラストマン』(川村隆著)
     2. エキスパートから学ぶ、組織運営の基礎知識
       「投資、M&A、子会社、関連会社」
     3. 会社役員・ロールモデルとの意見交換
       株式会社日立ソリューションズ 常務執行役員
       富永由加里氏

 ▼ご見学お申込み
  http://saishi.or.jp/201807202236.html
 
▼「立志塾」受講者の声
  http://saishi.or.jp/risshijuku-voice.html

+———————————————————-+
 
※第10期(2018年10月開講)立志塾の申込み受付を開始しました。
  
 ▼第10期の詳細・お申し込はコチラ
  http://saishi.or.jp/apply.html
    (〆切:8月31日(金)まで)

+———————————————————-+

メールマガジン「いろどり徒然草」の配信申し込みはコチラ

トップページ | 会社概要 | プロフィール | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | メールマガジン